2つのことを同時にやる【ながら仕事】は結局非効率的である

仕事の効率を考えるとながら仕事
つまり二つの仕事を掛け持ちでやることはおすうsめしません。
時間がない忙しいビジネスマンほどこのながら仕事をしがちです。
仕事に遅れが出てきて焦りが出てくると一挙に2つのことを同時に進めようとしてしまいがちです。
しかし、そもそも一つのことですら結果を出せないでいるのに、同時に二つのことに取り組んでいては結果が出るはずはありません。
こうして非効率なことがさらに非効率になるのです。

市場によく合うrのが音楽をかけながらのべb教とか仕事をされる方も少なくありません。
音楽をかければ外界のノイズからシャットアウト出来て勉強や仕事に集中できそうですが現実的には必ずしもそうではありあません。
鼻歌を歌いながらでは仕事も勉強も集中なんてできないものです。

ですから二つのことを同時にやろうなんて絶対に避けたほうが良いといのが私の考えでwす。
仕事が押して会議に出るのが難しいのなら、消臭した人に自分の置かれている状況を説明し、自分に関係ある時間だけ会議に参加したほうが効率的です。
また参加した会議で初g編を求められたら正々堂々と「今までの経緯を教えてください」と言って、ポイントを尽いた発言をするべきです。
「とりあえず会議には参加してその間他の仕事を続けたらいい」
そんな考えで会議でオアソコンを開きながら会議に参加するのはよくありません。
そもそもそれでは非効率というよりも外尾方に失礼極まりないことでもあります。

パソコンで他の仕事をしながら突然あなたに発言を求められたらどうしますか?
毛局、おパソコンでの仕事も中途半端
発言に内容もピンボケ
きっと散々たる結果で、最悪あなた自身の評価を下げてしまいかねません。
逆に会議に参加してから早く抜け出したっからと30分ほどしてからトイレに行くふりでもして途中退席する人もいます。
そんなことばかりしていると他のメンバーから
「あいつは発言もせず、黙って抜けてなにをやってるんだ」
と悪評も経ちかねません。
むしろそんな場合は会議で自分お意見を言って、時間が来たらはっきりと理由を述べて退席する方がよほどましである。
サインの達人 署名ドットコム

忙しいケアマネだからこそスマホのカメラを駆使しなさい

ケアマネージャーは介護のことだけ知っていればいいという時代ではなくなってきました。
利用者からの相談は多岐にわたってきます。
それは介護に限ったことだけではないんです。
例えば
住まいのこと
相続のこと
法律のこと
直接介護のこととは関係ないことなおですが、まわりまわって介護に関係してきます。

相続の遺産のいこと
このあたりをきちんと理解していないと家族のだれが介護のちゅしんいなってくれるのか?
なかなか難しいこともあります。

テレビや週刊誌
街を出歩い尾ている時にn気になる情報が目に付くことがありあmす。
しかし、いちいちバッグから手帳を出してメモをスれう時間もないことが多いですよね。
「あっ?こんなところに新しい老人ホームが建設中だ」
そんな時にはスマホの携帯でパシャっと1枚か2枚写真を撮っておくのです。

スマホの画像検索機能はとても優秀です
日付や場所から簡単に画像検索できます。
人間の気を苦はすぐに忘れられてしまいますが、なにか少しでもヒントがあれば簡単い思い出すことも出来るのです。

林家ペー。パー子負債のようになんでもかんでもパシャパシャ撮影するのはやり過ぎでも、こまめに写メを撮っておくと後で役に立つこいとも多いのです。

例えば利用者の被保険者証
番号の転記ミスなどを防ぐ意味でも写メを撮っておけば安心です。

しかしベテランのケアマネージャーほどアナログなんです、
携帯もスマホでないケアマネも少なくありません。
これだけIT技術が進んで老いる現代で信じられないkぅ頼手書きにこだわっています。
それではますますケアマネの忙しさからは逃れられません。

また、介護事務所に返って利用者の状況を他人い説明するのに高騰や報告書で説明していあmすあ?
その時に細かい状況やニュアンスが伝わるでしょうか?
そんな時でも動画で
「こんな感じです」
と相手に見せれば簡単に一発で状況説明ができるのです。
利用shじゃの飲んでいる薬をパシャ
部屋のきになる段差部分をパシャ
それで簡単に他の専門家に相談できるのです。

介護職 やってられない

仕事は依頼内容をしつこいくらい確認するのは当たり前

ビジネスにおいてなにか相手から仕事も依頼があったのならばその内容をしつこいくらいに鵜確認することが大事です。
それを的確かつ正確に把握しないとトンmチンカンなことになり、二次ネスにおいてhじゃ一番大切な信用をも失いかねませmm。
信用は築くのに長い時間がかかりますが失うのには一瞬です。
ですからビジネスにおいて相手から依頼があった時には、ただ「はい、わかりました」だけではなく、その内容を自分の言葉で言い直して説明できるくらい相手に確認するのが基本です。

一番間違いが多いのが臭う気についてです。
いつまでにそのサービスや商品を相手に提供できるののか?
それを確認せずにビジネスを行うトラブルは良くある話です。
納期についてはきっぱりと期限を切ることを怠るケースもありうます。
すぐにできるものなら
「わかりました。明日までにやります。」
そんな返事が出来ればいいのですが、そうは問屋が卸しません。
「出来るだけ早くにやるようにします」
と曖昧な返事になりがちです。
できないもの
自分以外のスタッフや関係部署があればなおさらです。

相手から納期を迫られても
「それは△△がが担当ですので、そちらに聞いてください」
ときっぱり返事が出来ればいいのですが、その人への配慮から答えを曖昧にしたり押します。
それがかえって不幸な結果を招くこともあるのです。

とかく日本伸び次寝鵜sマンは、できないことをできないと答えるのが苦手です。
ついつい
「かんがえさせていただきます」
などとYesでもNoでもない返事をするものです。

自分が断ったつもりでも相手はOKと受け取ってしまうトラブルも良くあります。
そこで
「例の件、どうなってますか?」としばらく経ってから相手に迫られて駒ty田経験はあなたにもあるのではないですか?
こうなると自分がどう答えたか?というよりもい相手に誤解を与えたことが一番の問題です。

つまり
相手からの依頼内容を正確に確認し、納期についてもしつこいくらいに確認しておく
これが円滑なビジネスコミュニケーションです。
ラボット 高齢者 見守り

ニキビ跡で悩む思春期

自分も、思春期の頃って気が付くとニキビが出来ててすごく悩んだことを思い出しました。けれど、私はあまり後に残ることもなくそのまま気になることもなく過ごしてきました。

娘が中学2年になり、そのころからポツポツとニキビが出来るように。毎日のようにドラッグストアに連れて行かされ、色々なものを試してはまた次、次と手を変え品を変えをしていました。

それなのに、最初のできたニキビが治ったところが後になって黒ずんでるではありませんか。それを見るとまた、娘がキーキー怒り出し「必死でパックやクリーム塗っているのに意味がない」と。

そのころから、ニキビは思春期だから出来ると思っていた頭から、何故出来る?何故跡になる?そんな疑問を調べてみることにしました。

ニキビは結局、毛穴に皮脂が詰まり、細菌が加わって炎症を起こした状態。顔にできることが多く、進行すると硬いしこりになったり、膿を持つこともあり、思春期の男女や、30歳くらいまでの女性が出やすいという事でした。

それなら、皮脂が詰まらない様に洗顔をしっかりすればいいんじゃないか?と単純に思ったのですがニキビケアという3ステップはきっちりしないと跡も残るということがわかりました。

娘はしっかり洗顔はしていたものの、乾燥ささなければいけないと自己判断で洗顔後は何もつけていなかったのです。そこで親子でしっかりニキビについて考え勉強しました。

まず、擦りすぎず優しく泡立てた洗顔クリームで洗う・・・これがなかなかの辛抱が必要で、しっかり泡立てて細かい泡を作りそれで優しく洗うこれがポイント!!

次に、しっかり保湿。化粧水をしっかり浸透さすように付ける。

最後に保護クリーム。水分が出ていかないようにクリームを塗ってケア完了。

これが一連の流れですが、最初は本当にそれだけでいいのか半信半疑でしたがやっていくうちに肌の状態がターンオーバーに合わせて良くなっていくようでした。

残ってしまったニキビ跡も色々試してみていいのがあったのでずっと使ってるアイテムになりました。

やっぱり、敵をしっかり調べてから戦うことが肝心ですね。シュープリームノイ ニキビ

実家の家族との関係性が近すぎる男性は結婚できない?

「うちの家族はみんな仲がいいんだ!」
これ、パッと聞くと良い家庭のように聞こえますよね。
でも、これがかえって結婚できない男性を作っている原因のこともいあるのです。
母親と仲が良すぎるマザコン男のイメージはすぐにつくかもしませんが、親だけでなく他の兄弟姉妹とも本当に仲が良い方もいます。

こんな家庭では何でもい噛んでも自分のことあ話してしまうのです。
例えば
デートで起こったこと
彼女がどんな話をしていたか
など1~10まで話してしまっています。

良いことだけk反していればいいのですが、えてしてケンカした原因などもついついべらべらと話ちゃんですね。
そんあこtろをきいた親や他の兄弟からすれば
@「うちの可愛い息子に」
「うちのお兄ちゃんをたぶらかして、なにか企んでいるんじゃないの?」
そんな色眼鏡で見てしまうのです。

そんな状況ですから、いざ結婚という話が出てきた時に
「あたしゃ、その娘との結婚には賛成できないね」
「お兄ちゃん、結婚はもっと慎重に考えた方がいいわよ」
とネガティブな意見が出てきやすいのです。
家族との合関係性が近すぎる男性はあらゆることを家族に話してしまっていては
すでに彼女のイメージが合う前からできちゃっているのです。
それはえてして真実でないことも多いのですが、一度ついてしまったイメージはなかなか払拭するこてゃできません。
あんおで、家族からやんわりでも反対されてしまうとどうしても男性は結婚には消極的で踏み切れないものです。
当の本人からすれば、なぜ家族が結婚に反対なのかは理由がわからないことでしょう。

また女性のほうからしても、なかなか彼氏の家族には打ち解けられないことでしょう。

たとえ彼氏が
「家族がなんといおうと君と結婚する!」
と言ってくれたとしても
結婚後は長く彼氏の実家とは関係ができるのですから、今度はあなたがドン引きしてしまうものです。

家族との関係性が近すぎる男性は結婚できない?
それもまた間違いではないのです。

イディオ結婚相談所

家事なんてしたくない人へ

家事は女がやるもの?
そんなことを負っている男がいるならそんな男はもう時代遅れの男です。
今は男も家事を分担してやる時代なんです。
しかし、いくらそんな時代だといっても
「俺、家事が得意なんだざ!」
という男はなかなかいません。
もちろん潔癖症の男性も少なからずいますが、はっきりいってそんな男性と結婚した女性は相当きついです。

今は共働きが当たり前の時代です。
しかし、女性も疲れているからといって、食事が終わった後の食器も洗わないで流しに置いておくと
夫が「汚いじゃないか!」と自分で洗いだそうとする。
それを見ている妻はいい気分ではないはずです。
「家事は手伝って欲しい」
けれどある意味
「家事は手伝って欲しくない」
という場合もあるから話は難しいですよね。

しかし、女性が永久就職といわれているのが結婚です。
やはり女性のほうが
出産
育児
などで仕事をやmウェルほうが圧倒的に暖mン世と比べて多いはずです。
そんな時
「俺が仕事に出ているが、お前は一日中 家にいるんだから家事はしっかりやってくれ」
といわれても困るものです。
なぜなら、共働きだったから家事を夫と分担していた妻にとって
仕事が忙しいから家事を手伝ってもらっていたというよりは
家事が嫌いだったから夫に舵をやってもらっていた
というほうが正解だからです。

もともと
家事ができない
家事をすることが嫌い
という女性が
共働きの時代に便乗して家事を分担してもらっていたのですから
それが共働きでなくなったからといって積極的に家事ができるという訳ではないのです。
そんな女性は
あまり清潔ということには鈍感なことも多いし
そもそも家事に対して意識が低いものです。
家事という仕事をバカにしているからこそ家事を数rことがストレスになるのです。
でも別に宇それが悪いことではありません。
家事をバカにするのは、家事以上に自分が貢献できることがあるという自覚があるからです。
ですから出産や子育てがひと段落つけば早めに職場に復帰すべきです。
そんなkじゃ位をするストレスよりも外で働いてお金を稼いでくる。
その経済的余裕で家事代行を頼めばいいのです。

共働き 家事 喧嘩

すべてが最高!イタリアの思い出と魅力をたっぷりと解説

「日本以外であなたの好きな国は? 」と聞かれたら、私は「イタリアだ」と答えます。イタリアの都市のなかでも、ベネツィアとカプリ島が好きで、コロナの騒動が終了したら、また訪れてみたいと思っています。

ちなみに一度目は北イタリア(ベネツィア、ミラノ、フィレンツェなど)、二度目は南イタリア(シチリア、パレルモ、ポンペイ、ナポリなど)、そして三度目は北のベネツィアと南のナポリに行きました。

ナポリから船で行けるカプリ島には、日本でも人気の青の洞窟があり、冬場に行った二度目のときは、悪天候のせいで入れなかったんですよね。三度目のトライは二度目のリベンジということになります。

リベンジの青の洞窟は、真っ青な空と海の快晴!もちろん、青の洞窟にも入れましたよ~。

私はそれほど船に弱い方ではないのですが、青の洞窟の小舟だけはダメでしたね。大きな船から小舟に乗り換えて、洞窟に入る順番を待つのですが、これが微妙に揺れるのです。

しかも、船頭さんの態度が悪い!

小舟は船頭さんの他に4人が縦に座ることになってます。私は女友達と行ったのですが、残りの二人はイタリア人のご夫婦らしきカップル。

彼らと私たちで明らかに態度が違うんですよ。体調が悪く回らない頭で「日本人差別かぁ~?」なんて、憤っていたのですが、帰り際に私の肩を叩いて、チップを要求してきました。

面倒だなぁ~と思いながら、いくらか財布のなかからお札を取り出して払うと、満面の笑顔で「ciao!」と言ってくれました。いったいいくら支払ったんだろ?

あぁ、態度が悪いのはチップの未払いが理由だったのね~。これは私たちが悪かったのでしょうか。

今は青の洞窟も、コロナで観光客も激減しているでしょう。もしかすると皆無かもしれません。あの船頭のおじさんが、どうしているか気になります。

もちろん、青の洞窟自体は素晴らしかったですよ。下船後食べた、ウニのパスタも最高でした!

イタリアの魅力1☆ 食べ物が美味しい!

もしかすると年配の男性のなかには、嫌いな人がいるかもしれませんが、ほとんどの人が好きですよね、イタリアン。しかも、本場は量が多い!ただし、1週間もいると太ること間違いなしです。

イタリアの魅力2☆ 観光地が楽しい!

美術館、古代遺跡、おしゃれなお店となんでも揃っているのがイタリア。とくにベネツィアなんてーマパークのなかにいるようです。パムッカレでは温泉にも入りました。

イタリアの魅力3☆ 人が親切!

とくに男性が親切ですね。車の走る道路がなかなか渡れなくて困っていると、わざわざ向こう側からやってきて、一緒に渡ってくれました。もちろん変な下心はありません。

日本では同じような経験は一度もなかったので、とても嬉しかったですね。

早くコロナが収束して、世界中どこでも好きなところに行けるようになってほしいですよね。

オススメサイト↓

健康大麻油 効能