犬が足元で寝る理由は?

ふと気が付くと愛犬が足元でリラックスして寝ていることはありませんか?我が家の愛犬も私がベッドに入ったら足と足の間に入ってくることが多々あります。

冬の寒い時期はくっついて寝たいのですが、気が付くと絶対に足元に移動しています。この理由について解説していきます。

1,飼い主を守ろうとしている説

飼い主を守るために足元で寝ているのではないかと言われることもあります。人間の足は頭から離れているので注意が疎かになる部分(弱い部分)であるため、飼い主の弱いところを守る!という心理が働いているとも言われています。

2,飼い主を信頼している

犬は群れで行動しており、寝る時はよりそって温め合いながら寝るのが習慣だったので、信頼している飼い主と寄り添ってねることで安心感を得ようとしているのではないかともいわれています。

3,飼い主に甘えたい、寂しい

眠っているときも飼い主のそばにずっといたい!という気持ちから足元で寝ているともいわれています。

愛犬の寝る位置によって飼い主のことをどう思っているかを知ることができると言われています。

1,飼い主の頭付近で愛犬が寝る場合

飼い主の頭付近で愛犬が寝ている場合、愛犬が飼い主よりも自分の方が上だぞ!と思っていると言われています。

決して愛犬に厳しくしなくてはならないわけではありません。愛情を持って必要最低限のしつけが出来ていれば自然と主従関係(信頼関係)は生まれますので、もし愛犬が何も言うことを聞かず困っているのであればしつけに関する本などを読んで少しずつ愛情をもって実践していくことをおすすめします。

2,飼い主のお腹~胸付近で愛犬が寝る場合

この場合も愛犬が飼い主のことを同等程度に思っている可能性があります。もし主従関係ができていないと思う点があるのであれば、しつけに関する知識を身につけて少しずつ実践していくようにしましょう。

愛犬に完全に下に見られてしまうと、危険な行動、してはいけない行動を注意したときに何も言うことを聞かない愛犬になってしまうことが十分に考えられるので、ある程度の主従関係は飼い主と愛犬にとって必要なものではないかと考えます。
こういったことを言うと、極端に愛犬に対して厳しくする人がちらほら見えますが、恐怖を植え付けることとしつけることはまったく違います。

どんなときも愛情を持って、愛犬の立場になって真剣に向き合うことが大切です。そうすれば愛犬との信頼関係は必然的に生まれるはずです。

そんな大切な愛犬がいつまでも健康でいられるように作られたおすすめのドッグフードがアランズナチュラルドッグフードです。

アランズナチュラルドッグフードの販売店について解説した記事が以下になります。ぜひ参考にしてください。

アランズナチュラルドッグフード 販売店
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です