敏感肌の方におすすめなスキンケア方法

私は10代?20代までずっと脂性肌でしたが、30代を境に敏感肌になってしまいました。
それに伴い使っていた肌に合わなくスキンケアが合わなくなり、突然ある時からアレルギーになってしまい化粧水がピリピリとしみるようになりました。
そこからスキンケアを一から見直し、店頭でパッケージに書いてある成分表示を見て合いそうな化粧水や乳液やクリームをいろいろ買って試し、
やっと肌の状態が安定してきました。
その実体験を元に、敏感肌の方におすすめなスキンケア方法をご紹介します。

敏感肌の方は、摩擦が刺激になってそこから乾燥したり、赤くなったりピリピリしたりしてしまいます。
そのため、とにかく強く擦らないことが重要です。
メイクの落とし方も重要で、クレンジングも油で落とすオイルクレンジングよりはミルクやバームタイプのクレンジングなどを使うと良いです。
オイルタイプは濃いメイクが落ちやすいというメリットがありますが、肌のうるおいも一緒に流してしまうというデメリットがあります。
敏感肌の方はそもそも油分分泌が少ない場合が多いので、その貴重な油分をできるだけ奪わないアイテムを選択してください。
また朝の洗顔も、洗顔料を使わずに水やぬるま湯ですすいだり、コットンに拭き取り化粧水を染み込ませて拭き取るなど
万が一で洗顔料を使う場合はネットなどで泡立てて、その泡を使って摩擦を最小限にして洗うなど
スキンケアをする場合も、化粧水は手のひらで置いて肌に吸い込ませ馴染ませるようなイメージで行うと摩擦が防げます。

また、ある時肌のごわごわ感が気になって角質のピーリングをしようと思い立ち、つい強い作用のあるピーリングジェルを買って試してみた所、
ピーリングしすぎて肌のうるおいに必要な脂まで取り除いてしまったようで、肌がつっぱる程かなり乾燥してしまいました。
そのジェルは顔に塗布し、くるくると顔の気になる所をマッサージするとジェルと一緒にポロポロと気になる角質が落ちるというものでした。
しかし、ピーリングにも色々種類があり、洗顔ネットで泡立てて顔に泡を置き、軽く馴染ませてから洗い流すという
洗顔フォームのようなテクスチャーのものを試してみると、乾燥を最低限にでき肌もつるっとしてメイク乗りも良くなりました。
ピーリングは必要ないと言う美容専門家の方もいるくらい、ピーリングは慎重にするべきケア方法だという事でよく調べなかった自分を反省しました。
敏感肌さんは同じ肌質の方のレビューを参考にして買うなど、注意が必要です。

スキンケア方法は、まずは化粧水、美容液、クリームなどのシンプルなスキンケアから始めてみて、
様子や調子を見ながら乾燥を感じたら保湿アイテムを足してみるというやり方で過度な肌負担を防げます。
不安なあまりブースター類、乳液等とあれもこれもと使いすぎると、保湿しすぎてニキビができたり、逆に肌の負担になる場合があります。
また、何工程も重ねたスキンケアのその上にメイクを重ねるとメイクが崩れやすくなり、ファンデーションを塗っていたら前に塗った下地がモロモロと固まって落ちてきてしまったりしてしまう場合がありますので、極力最低限でシンプルなスキンケアが望ましいです。
スキンケアはパッケージ等に「パール一粒」などその会社が決めた規定の使用量が書いてあるので、それを参考に塗布してください。
少なすぎたりすると、使っていても効果が得られない事があるようです。
自分の肌の調子を見ながら、自分に合うスキンケアを使って自分に合うスキンケア手順を探ってみてください。
セルシカ 販売店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です