忙しいケアマネだからこそスマホのカメラを駆使しなさい

ケアマネージャーは介護のことだけ知っていればいいという時代ではなくなってきました。
利用者からの相談は多岐にわたってきます。
それは介護に限ったことだけではないんです。
例えば
住まいのこと
相続のこと
法律のこと
直接介護のこととは関係ないことなおですが、まわりまわって介護に関係してきます。

相続の遺産のいこと
このあたりをきちんと理解していないと家族のだれが介護のちゅしんいなってくれるのか?
なかなか難しいこともあります。

テレビや週刊誌
街を出歩い尾ている時にn気になる情報が目に付くことがありあmす。
しかし、いちいちバッグから手帳を出してメモをスれう時間もないことが多いですよね。
「あっ?こんなところに新しい老人ホームが建設中だ」
そんな時にはスマホの携帯でパシャっと1枚か2枚写真を撮っておくのです。

スマホの画像検索機能はとても優秀です
日付や場所から簡単に画像検索できます。
人間の気を苦はすぐに忘れられてしまいますが、なにか少しでもヒントがあれば簡単い思い出すことも出来るのです。

林家ペー。パー子負債のようになんでもかんでもパシャパシャ撮影するのはやり過ぎでも、こまめに写メを撮っておくと後で役に立つこいとも多いのです。

例えば利用者の被保険者証
番号の転記ミスなどを防ぐ意味でも写メを撮っておけば安心です。

しかしベテランのケアマネージャーほどアナログなんです、
携帯もスマホでないケアマネも少なくありません。
これだけIT技術が進んで老いる現代で信じられないkぅ頼手書きにこだわっています。
それではますますケアマネの忙しさからは逃れられません。

また、介護事務所に返って利用者の状況を他人い説明するのに高騰や報告書で説明していあmすあ?
その時に細かい状況やニュアンスが伝わるでしょうか?
そんな時でも動画で
「こんな感じです」
と相手に見せれば簡単に一発で状況説明ができるのです。
利用shじゃの飲んでいる薬をパシャ
部屋のきになる段差部分をパシャ
それで簡単に他の専門家に相談できるのです。
実務者研修 どこがいい 働きながら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です