墓籍簿は死後の戸籍みたいなものかもしれない

墓籍簿の内容は墓埋法施行規則第7条によれば以下のものです。
・墓地使用者の住所及び氏名
・志望者の本籍、住所、氏名
・志望者の性別
・死亡年月日
・埋葬、埋蔵又は収蔵の年月日
これらを記録した帳簿です。
死亡者の生年月日が記載されないのは「なんさいでなくなたかわからない」ので少し不思議ですが法律ではそう定められています。
でも死亡者の本籍。住所、氏名
これがきちんと正しく記載されていればその亡くなった方がこの世に確実に存在したことを表すものでもあります。
この墓籍簿
原則は永久保管されます。

ところがここでもう一つ紹介したいのが「両墓」というものです。
遺骨を埋葬するお墓とは別に異例・礼拝するためのお墓を別に作ることもあるのです。
通称遺骨委を埋めるお墓を「埋め墓」
異例や礼拝のためのお墓を「詣り墓」と呼ぶこともあります。
この両墓性をする地域もありましたし、著名人などはこの両墓がよくあります。

これらの「詣り墓」の多くはその人の得や偉業をたたえて関係者やファンの方が建立し、今日まで継承されているものもあります。

墓籍簿
これは墓じまいの時に必要な物でもあります。
そのお墓に誰と誰が眠っているのか?
墓じまいの時にはそれをきちんと役所に届けなければなりあm線。
また新しく遺骨の眠る先にはその墓籍簿を引引き継ぐようにしなければなりあmせん。
永代供養なども1体につき(亡くなった方一人につき)という費用ン計算押し方になります。
これが意外と大変位なります。
先祖代々の古くからあるお墓にはたくさん方が眠っていることもあるのです。
そうすると墓じまいの費用も相当な金額になります。

この墓籍簿
普通の方が観ることはあまりありません。
通常は菩提寺などその霊園の管理者が保管管理しチェいます。
なにかの機会があれば自分の家のお墓の墓籍簿をみせてもらう機会があれば、よりそのお墓に愛着もわきあmす。
それは自分の意ルーツ探し鵜のひとつにもなりますし、敷いては自分のアイデンティティの派遣でもあります。
いいお墓 評判 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です