離婚の原因になるのは5つだけ

夫婦が双方納得種て離婚する場合には問題ないのですが、どちらかが離婚に応じない場合は「調停」「裁判」に離婚の申し立てを行わなければなりません。
そこで必要になるのが「離婚の原因」です。
ただ離婚したい
それは協議離婚以外では離婚の理由にならないのです。

離婚裁判では民法770条第1項で定められた「離婚原因」が必要になります。
離婚原因には、いずれも子人を継続しがたい重大な事由のほかに次の4つがあります。

①不貞行為があった
不貞行為とは
配偶者のあるものが自由な意思のもとで別の異性と性的関係を持つ
ことです。
いわゆる「浮気」「不倫」というものです。
ただこれも程度によるもので、出来心であtたった1度だけ?
という場合に不貞行為と認められる以下は微妙な所でもあります。
たとえ法律的には不貞行為であっても、妻や子供を大切にする気持ちが強く、十分に反省している場合には婚姻関係wくぉはたんさせたとはみなされないこともあります。

②悪意の遺棄
民法752条には夫婦は同居し、お互いに協力と扶助し合わなければいけない
と定められています。
これらの義務を不当に違反する場合はお行く井の遺棄として離婚下人になります。
法律上の義務を果たさない
つまり家庭を顧みないことです。
具体的には
・生活費を稼がない、渡さない
・相手を家から追い出す
・家出を繰り返す
・相手を家に入れない
・愛人と同棲して家に戻らない
などが癒えるでしょう。

④相手生死が3年以上わからない
相手の生存が最後に確認出来てから3年以上が経過し。現在も生死がわからない場合には離婚請求ができます。
ただし、交流を断っていて相手の居場所や連絡先が分からないということではありあmせん。
警察に捜索願を出すなどの証拠が必要になります。

⑤回復の見込みのない強度の精神病
強度の精神病とは、夫婦生活上それぞれの役割や協力をジュ分に果たすことができない精神障害をいいます。
強度の精神病とは
・統合失調症
・早期性痴ほう症
・麻痺性痴ほう症
・躁うつ病
・初老期精神秒
などがあります。
離婚ブログ

忙しいケアマネだからこそスマホのカメラを駆使しなさい

ケアマネージャーは介護のことだけ知っていればいいという時代ではなくなってきました。
利用者からの相談は多岐にわたってきます。
それは介護に限ったことだけではないんです。
例えば
住まいのこと
相続のこと
法律のこと
直接介護のこととは関係ないことなおですが、まわりまわって介護に関係してきます。

相続の遺産のいこと
このあたりをきちんと理解していないと家族のだれが介護のちゅしんいなってくれるのか?
なかなか難しいこともあります。

テレビや週刊誌
街を出歩い尾ている時にn気になる情報が目に付くことがありあmす。
しかし、いちいちバッグから手帳を出してメモをスれう時間もないことが多いですよね。
「あっ?こんなところに新しい老人ホームが建設中だ」
そんな時にはスマホの携帯でパシャっと1枚か2枚写真を撮っておくのです。

スマホの画像検索機能はとても優秀です
日付や場所から簡単に画像検索できます。
人間の気を苦はすぐに忘れられてしまいますが、なにか少しでもヒントがあれば簡単い思い出すことも出来るのです。

林家ペー。パー子負債のようになんでもかんでもパシャパシャ撮影するのはやり過ぎでも、こまめに写メを撮っておくと後で役に立つこいとも多いのです。

例えば利用者の被保険者証
番号の転記ミスなどを防ぐ意味でも写メを撮っておけば安心です。

しかしベテランのケアマネージャーほどアナログなんです、
携帯もスマホでないケアマネも少なくありません。
これだけIT技術が進んで老いる現代で信じられないkぅ頼手書きにこだわっています。
それではますますケアマネの忙しさからは逃れられません。

また、介護事務所に返って利用者の状況を他人い説明するのに高騰や報告書で説明していあmすあ?
その時に細かい状況やニュアンスが伝わるでしょうか?
そんな時でも動画で
「こんな感じです」
と相手に見せれば簡単に一発で状況説明ができるのです。
利用shじゃの飲んでいる薬をパシャ
部屋のきになる段差部分をパシャ
それで簡単に他の専門家に相談できるのです。
実務者研修 どこがいい 働きながら

墓籍簿は死後の戸籍みたいなものかもしれない

墓籍簿の内容は墓埋法施行規則第7条によれば以下のものです。
・墓地使用者の住所及び氏名
・志望者の本籍、住所、氏名
・志望者の性別
・死亡年月日
・埋葬、埋蔵又は収蔵の年月日
これらを記録した帳簿です。
死亡者の生年月日が記載されないのは「なんさいでなくなたかわからない」ので少し不思議ですが法律ではそう定められています。
でも死亡者の本籍。住所、氏名
これがきちんと正しく記載されていればその亡くなった方がこの世に確実に存在したことを表すものでもあります。
この墓籍簿
原則は永久保管されます。

ところがここでもう一つ紹介したいのが「両墓」というものです。
遺骨を埋葬するお墓とは別に異例・礼拝するためのお墓を別に作ることもあるのです。
通称遺骨委を埋めるお墓を「埋め墓」
異例や礼拝のためのお墓を「詣り墓」と呼ぶこともあります。
この両墓性をする地域もありましたし、著名人などはこの両墓がよくあります。

これらの「詣り墓」の多くはその人の得や偉業をたたえて関係者やファンの方が建立し、今日まで継承されているものもあります。

墓籍簿
これは墓じまいの時に必要な物でもあります。
そのお墓に誰と誰が眠っているのか?
墓じまいの時にはそれをきちんと役所に届けなければなりあm線。
また新しく遺骨の眠る先にはその墓籍簿を引引き継ぐようにしなければなりあmせん。
永代供養なども1体につき(亡くなった方一人につき)という費用ン計算押し方になります。
これが意外と大変位なります。
先祖代々の古くからあるお墓にはたくさん方が眠っていることもあるのです。
そうすると墓じまいの費用も相当な金額になります。

この墓籍簿
普通の方が観ることはあまりありません。
通常は菩提寺などその霊園の管理者が保管管理しチェいます。
なにかの機会があれば自分の家のお墓の墓籍簿をみせてもらう機会があれば、よりそのお墓に愛着もわきあmす。
それは自分の意ルーツ探し鵜のひとつにもなりますし、敷いては自分のアイデンティティの派遣でもあります。
いいお墓 評判 口コミ