2つのことを同時にやる【ながら仕事】は結局非効率的である

仕事の効率を考えるとながら仕事
つまり二つの仕事を掛け持ちでやることはおすうsめしません。
時間がない忙しいビジネスマンほどこのながら仕事をしがちです。
仕事に遅れが出てきて焦りが出てくると一挙に2つのことを同時に進めようとしてしまいがちです。
しかし、そもそも一つのことですら結果を出せないでいるのに、同時に二つのことに取り組んでいては結果が出るはずはありません。
こうして非効率なことがさらに非効率になるのです。

市場によく合うrのが音楽をかけながらのべb教とか仕事をされる方も少なくありません。
音楽をかければ外界のノイズからシャットアウト出来て勉強や仕事に集中できそうですが現実的には必ずしもそうではありあません。
鼻歌を歌いながらでは仕事も勉強も集中なんてできないものです。

ですから二つのことを同時にやろうなんて絶対に避けたほうが良いといのが私の考えでwす。
仕事が押して会議に出るのが難しいのなら、消臭した人に自分の置かれている状況を説明し、自分に関係ある時間だけ会議に参加したほうが効率的です。
また参加した会議で初g編を求められたら正々堂々と「今までの経緯を教えてください」と言って、ポイントを尽いた発言をするべきです。
「とりあえず会議には参加してその間他の仕事を続けたらいい」
そんな考えで会議でオアソコンを開きながら会議に参加するのはよくありません。
そもそもそれでは非効率というよりも外尾方に失礼極まりないことでもあります。

パソコンで他の仕事をしながら突然あなたに発言を求められたらどうしますか?
毛局、おパソコンでの仕事も中途半端
発言に内容もピンボケ
きっと散々たる結果で、最悪あなた自身の評価を下げてしまいかねません。
逆に会議に参加してから早く抜け出したっからと30分ほどしてからトイレに行くふりでもして途中退席する人もいます。
そんなことばかりしていると他のメンバーから
「あいつは発言もせず、黙って抜けてなにをやってるんだ」
と悪評も経ちかねません。
むしろそんな場合は会議で自分お意見を言って、時間が来たらはっきりと理由を述べて退席する方がよほどましである。
サインの達人 署名ドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です