仕事は依頼内容をしつこいくらい確認するのは当たり前

ビジネスにおいてなにか相手から仕事も依頼があったのならばその内容をしつこいくらいに鵜確認することが大事です。
それを的確かつ正確に把握しないとトンmチンカンなことになり、二次ネスにおいてhじゃ一番大切な信用をも失いかねませmm。
信用は築くのに長い時間がかかりますが失うのには一瞬です。
ですからビジネスにおいて相手から依頼があった時には、ただ「はい、わかりました」だけではなく、その内容を自分の言葉で言い直して説明できるくらい相手に確認するのが基本です。

一番間違いが多いのが臭う気についてです。
いつまでにそのサービスや商品を相手に提供できるののか?
それを確認せずにビジネスを行うトラブルは良くある話です。
納期についてはきっぱりと期限を切ることを怠るケースもありうます。
すぐにできるものなら
「わかりました。明日までにやります。」
そんな返事が出来ればいいのですが、そうは問屋が卸しません。
「出来るだけ早くにやるようにします」
と曖昧な返事になりがちです。
できないもの
自分以外のスタッフや関係部署があればなおさらです。

相手から納期を迫られても
「それは△△がが担当ですので、そちらに聞いてください」
ときっぱり返事が出来ればいいのですが、その人への配慮から答えを曖昧にしたり押します。
それがかえって不幸な結果を招くこともあるのです。

とかく日本伸び次寝鵜sマンは、できないことをできないと答えるのが苦手です。
ついつい
「かんがえさせていただきます」
などとYesでもNoでもない返事をするものです。

自分が断ったつもりでも相手はOKと受け取ってしまうトラブルも良くあります。
そこで
「例の件、どうなってますか?」としばらく経ってから相手に迫られて駒ty田経験はあなたにもあるのではないですか?
こうなると自分がどう答えたか?というよりもい相手に誤解を与えたことが一番の問題です。

つまり
相手からの依頼内容を正確に確認し、納期についてもしつこいくらいに確認しておく
これが円滑なビジネスコミュニケーションです。高齢者 見守り カメラ ネット環境なし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です