家事なんてしたくない人へ

家事は女がやるもの?
そんなことを負っている男がいるならそんな男はもう時代遅れの男です。
今は男も家事を分担してやる時代なんです。
しかし、いくらそんな時代だといっても
「俺、家事が得意なんだざ!」
という男はなかなかいません。
もちろん潔癖症の男性も少なからずいますが、はっきりいってそんな男性と結婚した女性は相当きついです。

今は共働きが当たり前の時代です。
しかし、女性も疲れているからといって、食事が終わった後の食器も洗わないで流しに置いておくと
夫が「汚いじゃないか!」と自分で洗いだそうとする。
それを見ている妻はいい気分ではないはずです。
「家事は手伝って欲しい」
けれどある意味
「家事は手伝って欲しくない」
という場合もあるから話は難しいですよね。

しかし、女性が永久就職といわれているのが結婚です。
やはり女性のほうが
出産
育児
などで仕事をやmウェルほうが圧倒的に暖mン世と比べて多いはずです。
そんな時
「俺が仕事に出ているが、お前は一日中 家にいるんだから家事はしっかりやってくれ」
といわれても困るものです。
なぜなら、共働きだったから家事を夫と分担していた妻にとって
仕事が忙しいから家事を手伝ってもらっていたというよりは
家事が嫌いだったから夫に舵をやってもらっていた
というほうが正解だからです。

もともと
家事ができない
家事をすることが嫌い
という女性が
共働きの時代に便乗して家事を分担してもらっていたのですから
それが共働きでなくなったからといって積極的に家事ができるという訳ではないのです。
そんな女性は
あまり清潔ということには鈍感なことも多いし
そもそも家事に対して意識が低いものです。
家事という仕事をバカにしているからこそ家事を数rことがストレスになるのです。
でも別に宇それが悪いことではありません。
家事をバカにするのは、家事以上に自分が貢献できることがあるという自覚があるからです。
ですから出産や子育てがひと段落つけば早めに職場に復帰すべきです。
そんなkじゃ位をするストレスよりも外で働いてお金を稼いでくる。
その経済的余裕で家事代行を頼めばいいのです。

共働き 家事 喧嘩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です